金永山禅奥寺は、養老四年(720年)に建立されました。臨済宗大本山妙心寺の末寺で、興津では最も古い寺院です。南北朝時代初期、この寺院を大光禅師という僧が中興しました。広栄山妙覚寺の記録によると、大光禅師の中興開山以前は真言宗の寺院であったとされています。戦国時代末期、この寺院は興津地頭岡本大学の菩提寺でありましたが、現在は廃寺となってしまいました。

住所 〒299-5245
千葉県勝浦市興津字横須賀629
交通案内 JR外房線上総興津駅より徒歩10分