繋船柱碑は、江戸時代に仙台藩によって運ばれたものです。柱碑は宮城県仙台市石巻の仙台石が使用されています。仙台藩は江戸に廻米するために興津港を中継地点としました。故に多くの仙台船が興津港に停泊し、船を停留させておくための石柱が十数本も立てられました。興津の東側に位置する天道山下には仙台藩の陣屋が建てられ、興津港に停泊する船の取り締まりや連絡を担っていたといいます。仙台藩が興津港を利用するようになったので、興津の街中は大いに賑わいました。興津には「千軒」という地名が残っていて、当時の繁栄ぶりが窺えます。当時使われていた石柱は、広栄山妙覚寺と興津港海浜公園に文化財として納められています。

駐車場 143台(興津海浜公園内)
交通案内 JR外房線上総興津駅より徒歩10分