厳長山釈迦本寺は、奥津郷を治めていた佐久間氏の釈迦堂であったとされています。文永二年(1265年)に奥津郷領主佐久間重貞の長男美作房日保上人が寺院に改めました。

文永元年(1264年)、佐久間氏の釈迦堂で日蓮聖人による十日間の説法が行われました。佐久間重貞や家臣一同はこの説法を聞いて日蓮宗へ改宗しました。その頃興津には疫病が蔓延しており、事態を重く見た佐久間重貞は日蓮聖人に疫病退散を嘆願しました。先ず日蓮聖人は、白布に御題目を書いて船尾に結び、その船に乗って御題目を唱えながら興津湾を巡回しました。そして、この釈迦堂の傍に井戸を掘らせ、日蓮聖人が経文を書き記した御石をこの井戸の中に納めました。この御水を病者へ飲ませると忽ちに疫病が治ったといいます。

この井戸は「御符水井戸」と呼ばれています。現在は御水を飲むことは出来ませんが、病気平穏の祈願をすると御利益があるといいます。

文化財 経石(日蓮聖人自筆)
釈迦仏の坐像(天台宗の恵心僧都作)
御符水井戸
日蓮聖人自筆の御曼荼羅
住所 〒299-5245
千葉県勝浦市興津字東町通2652
交通案内 JR外房線上総興津駅より徒歩3分