広栄山妙覚寺は、日蓮宗最初の開基寺院で、現在は本山(由緒寺院)の寺格を有するお寺です。文永元年(1264年)、奥津郷領主佐久間重貞公は宗祖日蓮聖人に自らの邸宅を寄進して、寺院として改めたのが始まりです。

ちょうどその時分、佐久間重貞公の弟竹寿丸(僧名:寂日房日家)と長男長寿丸(僧名:美作房日保)が出家して日蓮聖人の弟子となりました。美作房日保は、妙覚寺二世と誕生寺三世を務め、寂日房日家は、誕生寺二世と妙覚寺三世を務めたので、この由縁があって妙覚寺と誕生寺は両寺一根と称されています。昔は誕生寺に新たに貫主が着任する時分は、まず妙覚寺に立ち寄ってから小湊へ赴いたとされています。

文化財 布曳の祖師像
日蓮聖人像
日蓮聖人自筆御曼荼羅
日保上人自筆御曼荼羅
繋船柱碑
住所 〒299-5245
千葉県勝浦市興津字土井口1195-1
電話番号 0470-76-0339
交通案内 JR外房線上総興津駅より徒歩8分