天平十七年(745年)、鹿島神社は歌聖山部赤人の勧請によってこの地に建立されました。建立当初は金永山禅奥寺の管理下にありましたが、天正年間(1573年 – 1593年)に妙覚寺第十六世日嚴上人によって妙覚寺の管理下となり、境内の庫裡の傍に建てられました。然し寛政四年(1792年)の妙覚寺の火災によって鹿島神社の社殿も焼失したため、文化年間(1804 – 1818年)に現在の場所に再建されました。

御祭神は、建御雷之男神、経津主命、天児屋根命が祀られています。建御雷之男神は、雷神や武神として信仰されていますが、興津の地では昔から港に多くの船舶が停泊していたので水難救護の守り神としても信仰されていました。

鹿島神社にはいくつかの彫刻が奉納されていますが、安房国長狭郷(現千葉県鴨川市)の彫工武志伊八郎信由(通称波の伊八)作の「龍に波」が特に見事です。

祭礼日 毎年10月第2土曜日・日曜日
住所 〒299-5245
千葉県勝浦市興津字土井口1181
交通案内 JR外房線上総興津駅より徒歩7分