千葉県勝浦市興津は、房総半島の南東側に位置します。古より此地に住む人達は漁業を営み、奈良時代には興津の海で採れたアワビが平城京に献上されていました。

鎌倉時代には、相模国(現神奈川県)の三浦一族の子孫である佐久間氏の所領となりました。佐久間氏が宗祖日蓮聖人に深く帰依したことにより、興津には日蓮聖人の言い伝えや所縁の有る寺院が多く残されています。

興津は四方を海や山などの自然に囲まれています。特に興津湾の透明度は高く、波も穏やかなので海水浴をするにはオススメです。海開きの期間ではなくても、海岸を散歩すれば清々しい心持になると思います。

妙覚寺の桜、興津湾での海水浴、千貫神輿が渡御する秋季例大祭など、多彩な魅力が興津にはあります。当サイトを見て、興津のことを知っていただけましたら幸です。